【手芸】スタイを作ってみた【ハンドメイド】

スタイ作ってみた

こんにちは!ひとはりめ夫婦です。
前回は手芸を始めるにあたり、赤ちゃん用のよだれかけ”スタイ”について勉強しました。↓

https://hitoharime22.com/about-bib/

今回はYouTubeの動画を参考にして、実際に”おはなスタイ”を作ってみました。
小学生以来、ミシンや針、糸をまともに触ってこなかった初心者2人が、どの部分でつまづいたり、失敗したのか。また、初めて一から作ったスタイがどんな出来栄えになったのか。

本記事を見ていただければ、私たちと同じような手芸初心者の方にも
・スタイの作り方
・製作時の注意点
・初心者に対する難易度
がわかります。

「誰でも最初はこんなもの(手芸の腕的な意味で…)か」と希望を持っていただけることで、これから手芸を始める方の精神的な一助になれれば幸いです(笑)。
少し長くなりますが是非、最後まで見ていってください。

と、とりあえず作ろう…!

 

スタイって存在自体は知っていたけど、生地種類や用途もあんなにたくさんあるなんて知らなかったよ…

 

 

 

これから生地の種類や道具の使い方も勉強していかなきゃね…
とりあえず今回は練習だと思って、手を動かしてみよう!

 

今回参考にさせていただいた動画

スタイを作るにあたりYouTubeの「素人ミシン部」チャンネル様の動画を参考にさせていただきました。縫い幅の設定や返し口の目安サイズなど、参考にしなければ気を配らなかったであろうポイントを見やすいアングルとわかりやすい解説で紹介してくれています。

動画の投稿は2年以上前で、当時はミシン初心者ということでしたが、ミシンで縫い付ける速度が尋常じゃなく速く、常にめちゃ遅速度で縫い付けている私たちからしたら目標です。いつかこんなに可愛いスタイをキビキビと作れるくらい、上達できたらいいなぁ。

参考にさせていただいた下記動画の概要欄には、スタイ用の無料型紙のリンクが記載されています。私たちも使わせていただいて可愛い形のスタイが出来ました!皆さんも是非使ってみては如何でしょうか?(本記事内でもリンクを掲載させていただきます。)

改めてまして「素人ミシン部」 チャンネル様、誠にありがとうございました。

使用した材料

使用した材料、道具一覧

まず始めに、スタイを作る際に使用した生地や道具を紹介します。


記事を書いてて気づいたのですが、作業中は何も考えず夢中になって道具を並べて写真撮っていたので、家の床にベタ置きでの撮影ですね。申し訳ないです。
撮影用の背景とかあった方がいいのかなぁ?まだ始めたばかりだし、ゆっくり考えていきます。

型紙

素人ミシン部 チャンネル様の動画概要欄URLから「生地のマルイシ様×素人ミシン部様」コラボのスタイ型紙を使わせていただきました。おはなスタイの他にもエッグスタイやおほしさまスタイも無料でダウンロードすることが出来ます。是非、皆様もダウンロードしてみては如何でしょうか?↓
https://item.rakuten.co.jp/maruishi-fab/c/0000001466/

また、同概要欄に2021年最新版のおはなスタイ型紙も掲載されていました。↓
https://www.kijimaru.jp/blog/pattern-bibflower

表生地 2枚

初回ということもありバンバン間違えてガシガシ練習出来るように、表生地は2枚ともダイソーのはぎれを使用しました。花柄の方の素材は失念してしまったのですが、薄紫の生地はダブルガーゼと書いてありました。

“スタイについて調べてみた”記事でガーゼという種類は勉強しましたが、早速ダブルガーゼという新しいワードが出てきてしまいましたね(笑)。勿論この生地についても、しっかり勉強して後々まとめていきたいと思います。

ドミッド芯

ドミッド芯もダイソーで売っていた厚さ5mmの物を購入しました。

ダブルガーゼで困惑していたところに、さらに知らないワードが出てきました…。表生地同士の間に挟む芯地という物らしいです。じゃあ、ドミッドは何だろう?という感じですが、こちらについてもしっかり勉強して参ります。

重り

型取りをする時に、型紙がズレないよう抑える役目で使いました。この重りは、普段こいもが筋トレする際に使っているダンベルらしいです。ちなみに私は、こいもがダンベルを筋トレ用途で使っているところを見たことがありません。

ピン (マチ針)

表生地2枚+ドミッド芯を縫い合わせる時にズレないよう固定する役目で使いました。このマチ針もこいもの私物です。小学生の頃使っていた裁縫道具に入っていた物らしくマチ針の持ち手?の部分に名前が書いてありました。それにしても小学生の頃の裁縫道具をよく取ってあったものですね。

チャコペン

型紙の形状を生地に書き写すためのペンです。こちらもダイソーで購入しました。「生地にペンで書いたら色が付いちゃうじゃん!」と思った私ですが、洗濯するなど水で洗えば簡単に落ちるらしいです。他にも時間が経つと消えるタイプもあるようです。

裁ちばさみ

縫い合わせ後に余分な生地をカットするためのはさみです。
ダイソーにも売っていましたが、こいもの裁縫道具にあったものを使用しました。
普通のはさみと何が違うのか今の私にはわかりません。

目打ち

生地をひっくり返す工程の後、埋まった生地を掘り出して形を整える時に使います。
こちらもダイソーで購入しました。たこ焼きをひっくり返す串にしか見えません。

その他

その他に生地裁断用のコロコロカッターや糸切りバサミ、それと勿論ミシンを使用しています。撮影した写真に載せるのを忘れていたため、このような紹介で申し訳ないです。ミシンについては、今後どこかで紹介できればいいなと考えています。

製作工程

それでは↓から、実際の製作工程を紹介します!文章を長々と書いても分かりづらいと思うので箇条書きで解説しますね。

生地の裁断とアイロンがけ

生地の裁断
表生地1のアイロンがけ
下から表生地1、2、ドミッド芯

○ 表生地2枚とドミッド芯を型紙のサイズより大きめの資格に裁断する(左写真)。

○ 裁断した生地のシワを取るため、アイロンがけをします。表生地1をアイロンがけした後、上に表生地2を中表で載せてアイロンがけ。最後にドミッド芯を重ねてアイロンがけします。(中写真)

○ アイロンがけが終わった状態です(右写真)。上述しましたが表生地1と表生地2は絶対に中表にして重ねてください。間違えると後々返し口から裏返した際、見せたい柄の裏表が逆…という事になってしまいます。

型取りとピン打ち

型紙とこいもの筋トレ用重り
チャコペンで型取り
マチ針でピン打ち

○ アイロンがけした生地の上に、はみ出さないように型紙を乘せて重りで固定します(左写真)。

○ 型紙がズレないように注意しながら、チャコペンでドミッド芯に型取りします(中写真)。

○ マチ針を使ってドミッド芯、表生地2、表生地1をピン打ちで固定します(右写真)。

縫い合わせ

ミシンの設定
縫い合わせ
縫い合わせ経路

○ ピン打ちが終わったらミシンで縫い合わせです。参考動画様でも解説していましたが、曲線を綺麗に見せるためにも縫い幅は1.8程度が良いようです。私はビビって1.6にしました(左写真)。

○ 縫い始める直前の写真です(中写真)。右写真にも記入してありますが縫い始めと縫い終わりの間に返し口(後でひっくり返すための部分)があるので全周縫わないように注意してください。

○ 縫い合わせの経路です(右写真)。縫い始めと縫い終わりの間は7mm位開いていた方がいいです。表生地や芯地が厚いほど裏返しづらくなるので、それに合わせて開口を広めに取った方がいいです。

縫い代のカット

縫い代カット
カット後
花びらと花びらの間に切り込み

○ 裁ちばさみで余分な生地をカットします。返し口側直線部分は縫い目から約1cm、その他の部分は約3mm離れたところを切っていくのが良いと思います(左写真)。

○ カット後の外観です。もう形はスタイですね(中写真)。

○ 裏返した後の形を綺麗にするために、花びらと花びらの間に裁ちばさみで切り込みを入れます。この時、縫い目を切らないように気をつけましょう(右写真)。

返し口から裏返す

返し口
裏返し中
裏返し終わった状態

○ 返し口から生地裏返していきます。縫い合わせの時の縫い始めと縫い終わりの距離が近いと、この返し口が狭くなり裏返すのにとても神経を使います(左写真)。

○ 裏返し中です。無理に力を入れて引っ張り出すと生地が破けたり、縫い目がほつれてしまうので焦らず丁寧に引っ張りましょう(中写真)。

○ 裏返しが終わった状態です(右写真)。表生地1の柄がとても可愛いですね!写真を取り忘れたのですが、裏側は薄紫色の表生地2の面になっています。

ステッチをかける(返し口を閉じる)

目打ち
返し口側の形を整える
返し口を閉じる

○ 裏返しただけだと表生地が中に埋もれて形が綺麗に出ていない部分があります。特に花びらと花びらの間が埋もれやすいので、生地を破かないように丁寧に目打ちでほじくり出しましょう(左写真)。

○ 黄色の四角で囲った部分は返し口側のため、反対側と比べて形が崩れています。返し口を閉じる前に内側に折り返して形を整えてあげましょう(中写真:↓スナップ取り付け後の写真がわかりやすいかもしれません)。

○ 返し口側直線上部→首周り→反対側直線上部まで縫い合わせて返し口を閉じます(右写真)。

スナップ(ボタン)の取り付け

返し口閉じ終わり状態
目打ちでスナップの位置決め
スナップ取り付け後

○ 返し口が閉じ終わった状態です。初回の割には綺麗な形に出来てるのではないでしょうか(左写真)。

○スナップ(ボタン)を取り付けるために、目打ちで穴を開けて位置決めします(中写真)。写真のように、だいたい端から1cm程度の位置に開けると良いと思います。

○スナップ取り付け後の状態です。記載し忘れていましたがスナップは手芸店で買いました(右写真)。

仕上げのアイロン、完成

仕上げのアイロンがけ
完成!!
左:はやね作 右:こいも作

○ 最後にアイロンがけです。スナップは材質によってアイロンを当てると溶けてしまう可能性があるので気をつけましょう(左写真)。

○ 完成です!可愛いです!!(中写真)

○右はこいもが作ったスタイ。左は私が作ってる途中にミスしまくってスナップを付ける前に諦めたスタイになりきれなかった物になります(右写真)。

反省点、改善点

何とかスタイを形にすることができました!!
ただ「もっとここを気をつけるべきだったなぁ」とか「ここが難しかったなぁ」と思う部分があったので、特に重要そうなところを2箇所紹介したいと思います。

1. 裏返し時のほつれ

裏返し時のほつれ

これは、私が失敗してしまったスタイです。返し口から裏返した時に首周りの生地がほつれてしまっています。この箇所以外にも花びらのカーブ部分などにもほつれが数箇所あります。

おそらく、
(1) 余分な生地をカットする際に、縫い目ギリギリを攻めすぎた。
(2) 裏返す際に、強く引っ張りすぎた。
(3)そもそも返し口が狭かった。
ことが原因だと考えられます。

2. 左右非対称

返し口側と反対側の形状(作:こいも)
返し口側と反対側の形状(作:はやね)

 

上の写真は2人が作ったスタイの、返し口側と反対側の形状を比べた写真になります。こいもが作ったスタイは完全に左右対称ではないものの、ある程度整った形状をしているかと思います。一方で、私が作ったものは左右で形状が全く異なり、ほつれも目立ちます。

ステッチをかける前に、どれだけ丁寧に返し口側の形状を整えたかで出来栄えがここまで変わります。
返し口側を内側に折り返したまま、縫い合わせるのが難しい場合は手縫いで仮留めしておくのもいいかもしれません。

まとめ

今回はYouTubeの動画を参考に、赤ちゃん用エプロン”スタイ”を作ってみました。何とか形にすることができましたが、ほつれがあったり、形が綺麗ではなかったりとまだまだ課題はたくさんありそうですね。

今回の製作を通して、また知らない用語がたくさん出てきたので一つ一つ調べて自分たちの知識として蓄えていきたいと思います。今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!
それでは、ひとはりめ夫婦でした〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました